アフターピルの通販

妊娠するある調査によると、日本人の大多数が避妊=コンドームと考えていることが判明しました。
とくに男性は、女性の73.7%に対し、80.3%と回答数が上回り、男性の方が避妊方法=コンドームと認識しているようです。

とはいえ、男性にとってコンドームは正直付けたくないもの・・・

「付けずにやりたい!」

そう思う男性は多いのではないでしょうか。
つい流されてしまい、外だししたりコンドームを後から装着したりとコンドームを正しく使わずに避妊に失敗してしまった場合、

最後に泣くのは女性です!

これは間違いありません。
では、避妊に失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?
コンドームの正しい装着法と、確実に避妊できる方法を一挙ご紹介します。

コンドームを付けていても妊娠する?

ゴムつけていても妊娠するコンドームを装着していても、妊娠する可能性は十分あります。

というのも、アメリカで行われた実験調査によると、1年間コンドームを一般的な使い方をしても避妊に失敗する確率は18%もあるという結果がでました。

この数字は「一般的な使い方」によるもので、間違ったコンドームの付け方をしていれば、さらに避妊に失敗する確率は上がると見込めるでしょう。
ちなみに正しい使い方をした場合の避妊失敗率は2%と少なくなったものの、0%にはならないことも明らかになりました。

では、正しいコンドームの使い方とはどういうものなのか?
具体的に解説していきますね!!

コンドームの正しい使い方&間違った使い方

正しい(理想的)付け方

☆毎回欠かさず、性行為のはじめから終わりまでコンドームを着用する
☆抜くときに根本を押さえて、精液が漏れてしまうのを防ぐ
☆抜いたあと、コンドームに損傷がないか確認する

間違った(一般的)使い方

☆性行為のとき、コンドームを使わないときもある
☆性行為の途中からコンドームを着用する
☆コンドームが破れてから付け直す
☆コンドームが途中で外れてしまう
☆コンドームが膣内で外れてしまう

コンドームの正しい使い方をしよう!

上記は、コンドームあるある!
ではないでしょうか。

しかし、みなさんが認識している一般的な使い方は実は甘く、今すぐにでも理想的な使い方にシフトチェンジするようにしましょう。

また、コンドームのサイズ選びも大切!
何度も外れてしまったり、上手に装着できないときはサイズに問題があるかも。

コンドームについて女性から話すのは恥ずかしかったり、申し訳ない気持ちになったりするかもしれませんが、大切なことですので勇気を出して彼に伝えてみてくださいね。

コンドームよりも正確に避妊できるピル!

ピルなら安全確実に避妊をする場合は、ピルを利用するのが◎!

ピルには低用量・中用量・高容量ピルがあり、主に超低用量~中用量ピルが避妊目的に使用されています。
低用量ピルは毎日服用することで避妊効果を高める特徴があり、ホルモン量も少ないことからカラダの負担を減らしながら避妊できるメリットがあります。

一方、アフターピルやモーニングピルと言われる中用量ピルは、性行為後72時間以内に服用することで避妊できる最終手段型の避妊方法になります。

低用量ピルに比べてホルモン配合量が多いため、副作用が出ることもあります。
避妊効果は高い分カラダへの負担も大きいため、アフターピルの服用は、緊急時のみ対応するのが正解です。

コンドームでの避妊まとめ

コンドームでの避妊は、正しく着用しても失敗することもあります。

また医師のなかには、コンドームは感染予防、避妊にはピルという先生もいます。

もしも、あなたが妊娠を望んでいないのであればピル+コンドームで確実に避妊すると安心できますよ。
また、毎日ピルを飲む自身がない方は、アフターピルを予備しておくのもおすすめです。

何かあったときのために、「アイピル」や「エラ」がきっとあなたを守ってくれるはずですよ。

アフターピルの通販

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX