アフターピルの通販

緊急避妊方法の1つに「ヤッペ法」というものがあります。
ヤッペ法とは旧アフターピルと呼ばれ、現在の主流となっているLNG法が認定される前の代用方法とされていたものです。
では、このヤッペ法って何なのか?具体的にお話ししていきましょう。

ヤッペ法って何?

ヤッペ(Yuzpe)法は、カナダの婦人科医であるアルバート・ヤッペ氏が考案したことでこの名前が付けられました。
ヤッペ法って何?
ヤッペ法の主な特徴は、低用量or中用量ピルを2回に分けて服用するところ。

1度目は性交渉から72時間以内に服用し、2回目は12時間後に再び服用します。
ヤッペ法で使用される薬では、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(ノルゲストレス)が含有されているプラノバールという中容量ピルが有名です。

ヤッペ法の副作用が知りたい!!

ヤッペ法と検索すると「副作用」の単語も必ず出てきます。

ヤッペ法は一度に飲むホルモン量が多いため、どうしても副作用が出てきてしまうことが多いようです。
そのため、婦人科でヤッペ法(プラノバールなど)が処方されるときは一緒に吐き気止めの薬も出されることがあります。

もしも吐き気が我慢できず嘔吐してしまった場合、効き目がなくなってしまうため、再び飲みなおさないといけない場合もあるので注意しておきましょう。

ヤッペ法のメリット・デメリット

ヤッペ法のメリット

LNG法の薬よりも低価格で入手できるのが1番のメリットと言えるでしょう。
例えば婦人科で処方される場合、LNG法だと15,000円前後かかるのに対してヤッペ法では5,000円前後と大幅に価格が異なります。

ヤッペ法のデメリット

ヤッペ法のデメリット

ヤッペ法のデメリットもありますので、デメリットについても見てみましょう。

  1. 副作用が強くでることがある
  2. 服用時間を守る必要がある
  3. 避妊率がLNG法に比べて低い

こういったヤッペ法のデメリットを考慮して、現在婦人科ではLNG法の薬が処方されることが一般的です。
とはいえ、ヤッペ法を処方される場合もあるので事前にこういった知識をつけておくといざというときに安心できそうです!

ヤッペ法の未来

緊急避妊薬には「LNG法」と「ヤッペ法」が存在しており、ヤッペ法はLNG法が承認されるまで使われていた方法です。

服用を分けて飲んだり、副作用の心配を考えると現在ヤッペ法を処方する医師は少ないですがどうしてもヤッペ法が良いという場合は事前に医師に相談してみましょう!
また、ネットでも緊急避妊薬は買えますので自分で選びたい方や、家族に内緒で手に入れたいという方はネットで購入してみてはいかがでしょうか。

アフターピルの通販

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX