アフターピルの通販

女性にとって、望まない妊娠ほど注意すべきことはありません。

もしも、望んでいないのに妊娠してしまった場合、最悪中絶といった手段を取るしかなくなります。
どんなにアフターピルで避妊したとしても、すでに着床されていては妊娠は防ぎようがありません。

今回は、アフターピルと中絶の関係についてご紹介していきます。

避妊と中絶の大きな違いを教えて!!

妊娠と中絶避妊は、受精卵が子宮に着床するのを防ぐことです。

一方、中絶は着床した命を奪いとることを言います。

奪いとるといった表現は、厳しく感じるかもしれませんが、芽生えた命を摘むことはどんな理由があるにしても犠牲を伴うものです。
そうならないために、避妊という方法があるのですから・・・。

このサイトでは緊急避妊薬、アフターピルについて詳しく解説しています。
性行為(セックス)後すぐにアフターピルを服用すれば、高い確率で妊娠に至ることは防げます。

しかし、100%とは言い切れません。
もしも、妊娠してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

妊娠したらアフターピルではどうにもできない!

アフターピル冒頭でお話ししたとおり、アフターピル(緊急避妊薬)は受精卵の着床を防ぐことです。
ですから、着床した状態ではアフターピルの役目はないということです。

産む選択肢がない限り、残念ながら中絶しか手段はありません。
ネットで検索すると出てきますが、海外で行われている「経口中絶薬」はリスクも大きいため、日本で服用することも買うことも禁止されています。

ですから私たち日本人は「吸引」「掻爬」「人工死産」の方法で中絶をすることになります。

アフターピルと中絶の関係まとめ

中絶はやめようアフターピルは緊急避妊薬ではありますが、中絶薬ではありません。

妊娠したからと動転してしまい、持っているアフターピルを服用するのは危険ですので絶対にやめてくださいね。
妊娠とは、受精卵が子宮に着床することを指します。

言い換えれば着床した受精卵は命なのです!

どんな都合があるにしても命を奪うことに変わりありません。
カラダも精神も傷つくのは女性なのです。

命を奪うことにならないためにも、避妊を徹底してくださいね。

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX