アフターピルの通販

避妊を望む女性ならば、最後はピルに頼る方も多いはず!
ピルは正しく服用すれば、避妊効果は高いといわれています。

今回は、ピルのなかでも安全度の高い、低用量ピルの服用方法や、避妊する仕組みについて詳しく解説していきます。

低用量ピルの働きとは?

低用量ピル

低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、そのホルモンの作用により脳へ「妊娠した」と錯覚させる働きがあります。
それにより排卵を促進させる黄体ホルモンを抑制して、妊娠を防ぎます。

低用量ピルの働きは大きく分けて3つ!

  1. 排卵を抑制する
  2. 子宮内膜の増殖をおさえ、受精卵を着床しにくくする
  3. 子宮の入り口の粘液を変え、精子が子宮に届きにくくする

これらの3つの働きによって、避妊するというワケです。

低用量ピルの服用方法

低用量ピルの服用方法

低用量ピルは何時に飲むと効果が高まるといった特定の服用時間もなければ、食前後も関係ありません。

1番大切なのは、低用量ピルを「毎日飲む」ことです。

低用量ピルは毎日飲まなければ意味がありません!
1日でも飲み忘れがないよう、飲むタイミングを習慣化しておくと良いかもしれませんね。

おすすめの低用量ピルってあるの?

婦人科に行けば、自分に合ったピルを処方してくれますので、心配な方は婦人科で処方してもらいましょう。
また、都合により婦人科に行けなければ、「個人輸入代行サービス」を使って自分で手に入れるのもひとつの選択です。

個人代行サービスで人気度の高い低用量ピル

トリキュラー

トリキュラー

トリキュラーは、日本で最も有名な低用量ピルです。

トリキュラーは、ホルモンの量が3段階に変わる「三相性」のピルのため、最小限にホルモンの量を抑えられます。
女性のカラダに優しく、より自然な形で避妊ができるのが指示される理由のようです。

トリキュラーの購入はこちら

マーベロン

マーベロンは、ホルモンの量が一定の比率で配合されている一相性ピルになります。
飲むタイミングがズレてしまっても、マーベロンであればカバーできる点はメリットの1つと言えます。(※飲む順番には気をつけましょう)

マーベロンの購入はこちら

ダイアン35

アジア人向けに開発されたダイアン35は、生理日から1日1回21日の服用⇒7日お休みの周期で服用するタイプの低用量ピルです。

ダイアン35の購入はこちら

ヤスミン

低用量ピルよりもさらにホルモン量が少ない超低用量ピルです。
副作用が心配な方は、超低用量ピルから始めてみても良いかもしれません。

ヤスミンの購入はこちら

低用量ピルまとめ

低用量ピルのまとめ低用量ピルは、アフターピル(中用量ピル)に比べてホルモン量が少なく、その分副作用が抑えられたピルになります。
毎日飲むことが条件となるため、飲み忘れには十分に注意しましょう!

低用量ピルには、ホルモン量やカラダの変化に合わせて比率を変化させた、一相性・二相性・三相性があります。
それぞれメリットデメリットはありますので、気になる方は選んだピルの注意事項や特徴覧をしっかり読んでから購入してくださいね。

どれを飲めば良いかわからない場合は、一番有名なトリキュラーから始めてみては如何でしょうか。

トリキュラーの購入はこちら

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX