アフターピルの通販

ピルといえば毎日飲むイメージがありますが、性交渉後にのみ服用するアフターピルと呼ばれるピルもあります。

ピルには、毎日服用する「低用量ピル」、性交渉後に服用する「中用量ピル」、特別な場合のみ服用する「高用量ピル」と3種類に分けられます。
なかでも避妊目的として使われるのが低・中用量ピルになりますので、今回はこの低用量ピルと中用量ピル(アフターピル)について詳しく解説していきます。

これから本格的に避妊したいという方はぜひ覚えてみてくださいね。

低用量ピルとアフターピルは別物!?

アフターピル別物?低用量ピルとアフターピルの大きな違いは、ホルモンの量の違いです。

どちらも避妊目的として使用されますが、低用量ピルは月経痛や月経不順など避妊以外の効果もあるため、アフターピルに比べて利用する方も多いです。

一方、アフターピルのほとんどは中用量ピルに分類され、低用量ピルに比べてホルモンが多く配合されています。

そのため、アフターピルを毎日服用することは禁止されており、緊急時の避妊薬としてだけ服用することができます。

避妊するなら低用量?アフターピル?

どちらも高い避妊率ですが、服用するシチュエーションが変わってきます。

低用量ピルは毎日服用することで避妊をします。
一方、アフターピルはコンドームが破れた、無理やり中出しされたなど避妊できなかった場合のみ服用して、最終手段として避妊します。

ですから低用量ピルを毎日服用している方はアフターピルを飲む必要はありません。
しかし、ピルを服用をしていない方は、いざというときのためにアフターピルは持っておくことが大切です。

低用量の購入はこちら

低用量ピルの避妊率や特徴

アフターピルの特徴低用量ピルを毎日飲み続けることで99%以上の避妊効果を発揮してくれます。

副作用もほとんどなく、人によっては美肌になったり、心の健康に繋がったりします。

しかし低用量ピルは1日でも飲み忘れてしまうと効果が激減してしまったり、生理開始日もしくは直後すぐでないと避妊効果が得られません。

低用量ピルは飲み忘れと開始するタイミングに気をつける必要があります。

アフターピルの避妊率や特徴

アフターピルは、性交渉後72時間以内に飲むことで95%以上の避妊効果を発揮してくれます。

性交渉後早ければ早いほど、避妊率も上がりますので、飲むタイミングが重要といえます。
しかし、低用量ピルに比べて副作用が出ることも多く、最終手段として考えておくと良いでしょう。

アフターピルの種類によっては服用方法が異なりますので、使用する場合は用途を守って服用してくださいね!

低用量ピルとアフターピルの違いまとめ

低用量ピルもアフターピルも避妊を目的とするひとつの手段には変わりありません。

しかし、ホルモン含有量が異なるため、服用方法が異なってきます。
低用量の場合、毎日飲み続けることで避妊効果を発揮し、アフターピルは性交渉後から72時間以内に飲むことで避妊効果を発揮してくれます。

計画性を持って毎日飲み続けることができる方なら、低用量ピルが◎!
毎日飲むのはちょっと・・・という方は、コンドームなどの他の避妊方法を併用しながらお守りとしてアフターピルを1つでも持っておくと安心できますよ☆

アフターピルの通販

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX