アフターピルの通販

アフターピルを服用するときに注意しておきたいのが、ピルの種類によって使い方が異なるということ。

「LNG法」と「ヤッペ法」

アフターピルには「LNG法」と「ヤッペ法」があり、どちらのアフターピルを選ぶかによっても使い方が大幅に変わってきます。
具体的な服用方法やアフターピルの使い方についておさらいしておきましょう!

新アフターピル「LNG法」の使い方

新アフターピルはLNG法と呼ばれるもの。
主な使い方は、薬の種類によっても異なりますが、ほとんどのLNG法は性交渉から72時間(3日)以内に2錠服用するだけです。
もしも72時間以内に飲み忘れてしまった場合、120時間(5日)以内であれば有効とされていますが、避妊率を考えると性交渉後からできるだけすぐ服用した方が良いでしょう。

婦人科で処方されるLNG法の薬は、「ノルレボ錠」が一般的です。
またノルレボ錠のジェネリックが「アイピル」や「マドンナ」と呼ばれる薬がネットで購入できます。
婦人科で処方される場合は医師の指示通りに飲めば問題ないですが、ご自身で買う場合は使い方を事前に覚えておきましょう。

アフターピル「アイピル」の使い方

性交渉後72時間以内に1錠を水かぬるま湯で飲んでください。
できるだけ早めに飲みましょう!
72時間以内の場合避妊効果が75%に対して、24時間以内の場合95%と効き目が異なります。

アイピルは婦人科で処方されるノルレボ錠のジェネリック薬ですので、副作用の心配もほとんどありません。
ネットで買う場合アイピルが人気を集めていますが、なかには偽物もありますので安心できるサイトで買うようにしてくださいね!

アフターピル「マドンナ」の使い方

マドンナは2錠1セットになっており、1錠ずつ時間をずらして飲む必要があります。
性交渉後72時間以内に1錠、その後12時間後に残りの1錠を服用します。

マドンナはレボノルゲストレルという黄体ホルモンの含有が多いため、副作用が伴うことも・・・
日本で処方されることはないので、ネットで購入する場合は全て自己責任のうえよく考えてから買うようにしましょう。

旧アフターピル「ヤッペ法」の使い方

性交渉後72時間以内
旧アフターピルはヤッペ法と呼ばれるもの。
ヤッペ法の使い方は、性交渉後72時間以内に2錠服用し、その後12時間後に再び2錠服用します。
しかし低用量ピルの場合は4錠ずつ飲むことになりますので、ヤッペ法の場合薬によって錠剤の量が変わるので気をつけましょう。
ヤッペ法は、現在の主流となっているLNG法が承認されるまでは一般的でした。
しかし、副作用や使い方に特徴があるため現在ヤッペ法をすすめる医師は少ないようです。

アフターピルの使い方まとめ

アフターピルの種類や方法によって使い方が異なりますが、簡単で副作用も少ないLNG法を選べば間違いないと言えるでしょう。
LNG法の場合、薬によって異なりますが基本1錠を1回飲むだけで終わり。
また副作用や避妊効果を考えるとLNG法に基づいたアフターピルが良さそうです。

自分の身を守るためにつねに常備しておくと良いかもしれませんね!
産婦人科では常備する薬は処方して頂けませんから、通販で事前購入が便利ですよ。

アフターピルの通販

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX