何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

望まない妊娠から女性を守ってくれるアフターピルは、婦人科だけでなくネットでも買うことができるお薬です。
婦人科で処方してもらうのが1番安心できますが、行く時間がなかったり、金銭的な問題からネットで購入する方も少なくありません。

そこで今回は、
「婦人科処方とネットではどのくらい価格に差が出るのか?」
「ネットは本当に安全なのか?」
など、アフターピルの価格やネットの安全性について詳しくご紹介します。

アフターピルの価格相場

アフターピルを処方してもらった時とネット通販で買った時の価格を比較してみます。

アフターピルの価格

アフターピルを婦人科で処方してもらった場合

ノルレボ錠(新アフターピル)
価格帯:12,000円~17,000円

現在主流のアフターピルです。
病院や先生によって診察料が異なることから、同じお薬でも価格に差が出てきてしまいます。
病院で処方してもらう場合は、事前にホームページでチェックしておくか、多めの金額を予想しておくと良いでしょう。

プラノバール錠(旧アフターピル)
価格帯:3,000円~10,000円

ノルレボ錠に比べて価格は安くなるものの、妊娠効果や服用方法、副作用の観点から見ると今はプラノバール錠を処方している病院は少ないようです。

アフターピルをネット(個人輸入代行サービスサイト)で買った場合

アイピル
価格:1箱1,500円

ノルレボ錠のジェネリック薬。
ネットで1番支持されているアフターピルです。
>アイピルの詳細はコチラ

エラ
価格:1箱5,500円

新世代アフターピルであり、最大150時間(5日)以内の服用でも避妊効果が得られます。
>エラの詳細はコチラ

マドンナ
価格:1箱4,500円

ノルレボ錠のジェネリック薬で、2回に分けて服用します。
1粒に含まれる有効成分が少ないため、副作用を最小限に抑える特徴があります。
>マドンナの詳細はコチラ

アフターピルを婦人科で処方してもらうのとネットで買うのでは価格に大きな差があります。
ネットが安い理由は「診察料がない」のと「ジェネリック薬」であるため、婦人科よりも安く手に入れることができるのです。

ではここから、ネット(個人輸入代行サービス)で買う場合の注意点や買い方についてお話ししていきます。

個人輸入代行サービスを利用するにはどうすれば良いの?

「個人輸入代行サービス」は、日本の病院で処方されていない薬を、個人に変わって海外から取り寄せてくれるサービスのことを言います。
もちろん危ない薬ではなく、きちんと薬事法で定められている薬ですのでご安心ください。

個人輸入代行で買う

しかしなかには、アフターピルの偽物を売っていたり、注文しても届かないなど悪質なサイトもあるので注意が必要です!
アフターピルをネットで購入するときは、サイト運営情報や価格が安すぎないかチェックしておくようにしましょう。

ネットでアフターピルを購入する流れ

  1. サイトを探す
  2. 商品選択
  3. 配送先入力(局留め対応や、中身が分からないように配送してくれる♪)
  4. 支払い方法(クレジット、銀行振り込み、ビットキャッシュ可)

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者は実績がありますからご安心ください。

アフターピルの購入はこちら

アフターピルの価格まとめ

婦人科処方の場合、診察料がある分価格は高くなります。
しかし安心安全が確保されていますので、時間もお金もある方は婦人科に行きましょう。

一方、ネットで買う場合ほとんどが5,000円以下で購入することができます。
しかし選択肢がいくつもあるため、迷ってしまうことも。
そんなときは「アフターピルのオススメ」をご参考にしてみてくださいね^^

きちんとした避妊、いざというときのアフターピルで望まない妊娠から自分を守りましょう!

合わせて読みたいアフターピル: