アフターピルの通販

保険適用外?アフターピルが欲しくて婦人科に駆けつけてみたものの

思ったよりも高かった

という声は後を絶ちません。
風邪などの病気で薬を処方してもらう場合は、保険が適用されるので3割の値段ですみますが、アフターピルの場合は保険適用外のため残念ながら全額負担となります。

保険適用外ということを知らずに駆け込むと、その驚愕な値段にびっくりしてしまうのです・・・。

では一体アフターピルを病院で所要してもらうとどのくらいの値段がかかるのか?
アフターピル購入を安くすませる方法はないのか?

アフターピルの値段事情について具体的にご紹介していきます。

アフターピルは何で保険適用外なの?

アフターピルは避妊薬です。

避妊することが目的ということは、病気やケガではないため、アフターピルは全額実費になるというわけです。
また、アフターピル以外にもこういったものは保険適用外になりますので要注意!!

健康保険適用外のケースとは?

  1. 美容を目的とした整形手術
  2. 近視の手術
  3. 研究中の先進医療
  4. 予防注射など
  5. 健康診断
  6. 人間ドッグ
  7. 正常な妊娠や出産
  8. 経済的理由による人工妊娠中絶

このような、日常生活に支障がない診療は健康保険適用外とされます。

婦人科で処方される場合の値段はいくらくらい?

アフターピルはいくら?アフターピルは保険適用外になりますので、診察料+薬代が全割負担になります。

病院や医師にもよりますが、およそ12,000円~17,000円となります。
婦人科のなかには診察なしで薬だけ処方してくれるところもあり、薬代だけの場合は5,000円前後の価格となります。

そう!
この「診察料」が高くなってしまうのです・・・。

ですが、アフターピルは中用量ピルに分類されるほどホルモンの量が多く配合されていますので、誤った飲み方をするとカラダに負担がかかってしまうもの。

少しでも安心して服用したいという方は少々金額を出してでも婦人科で処方してもらうほうが良いでしょう。

アフターピルを安く安全に手に入れる方法!

アフターピル安く手に入れる婦人科で処方される場合は10割負担の価格で、10,000円以上かかる場合が多いですが、ネットでアフターピルを購入すれば1/10の価格に抑えられます。

とはいえ、安心して飲める薬かどうか不安ですよね。
個人輸入代行サービスで売っているもののなかに、病院で処方される「ノルレボ錠」のジェネリック商品があります。
アイピルというアフターピルです。

アイピルの購入はこちら

個人輸入代行サービスは、ジェネリックのみ取り扱いしているため、病院で処方されるものと効果が変わらず安く手に入れることができる仕組みなのです。

アフターピル保険適用外についてまとめ

アフターピルはケガや病気ではないため、保険適用外になります。

そのため診察料と薬の費用は全割負担。
一般的には12,000円~17,000円が相場とされていますが、医師によって異なることもあるので多めに持って行くようにしましょう。

また安くすませたい場合は、薬だけ処方してくれる病院を探したり、個人輸入代行サービスを利用しましょう。
手に入れたアフターピルはしっかり利用規約を読み、正しく服用して自分の身を守ってくださいね。

アフターピルの通販

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX