アフターピルの通販

日本において、アフターピルの入手方法は以下の二通りあります。

  • 産婦人科で処方してもらう
  • 個人輸入代行による通販で購入する

それぞれ特徴がありますので、違いについて説明いたします。

アフターピルのもらい方

産婦人科で処方してもらう

アフターピルの処方には、産婦人科医の問診が必要です。
アフターピルの処方は自由診療に含まれますので保険適用外。
診てもらうお医者さんによって、アフターピルを入手する費用が変わってきます。

費用について詳しくは後述しますが、現在の主流となっているノルレボ錠の場合、問診込みで10,000円から15,000円程度が相場でしょう。
処方してもらう時の理由ですが、避妊具の破損」と書くと比較的スムーズに処方してもらえます。

アフターピルは問診が済めば処方してもらえますので、避妊に失敗したと気付いた時に可能な限り早めに産婦人科に行きましょう。
産婦人科で処方してもらえば、アフターピルを即日手に入れられます。

個人輸入代行で購入する

産婦人科で処方に抵抗を感じる人もいるでしょう。
産婦人科に行ったことが家族にバレるんじゃないか?っていう心配もあります。

ただし、アフターピルの処方は自由診療で保険は使えませんから、医療費明細には載りません。
家族の方に、医療費明細からはバレませんから、他の原因でバレないように気をつけましょう。(産婦人科で貰った資料を持ち帰ってしまったとか)

誰にも知られずに、アフターピルを手に入れるなら、個人輸入代行で通販で購入するのが良いでしょう。

アフターピルの購入はこちら

ただし、個人輸入代行は海外のジェネリック薬品を輸入します。
購入から手元に届くまでに数日かかります。

個人輸入代行では、アフターピルは即日手に入りません。

万が一に備えて、事前にアフターピルを購入しておくことが必要です。
バッグの中にこっそり常備しておくのが良いでしょう。

アフターピルを通販で購入する時は、処方箋は必要ありません。
もちろん、問診も不要です。
届くまでに時間がかかることを除くと、通販サイトで普通に商品を購入するのと同じです。

個人輸入代行でアフターピルを購入する場合、ノルレボ錠のジェネリックであれば1個1,500円程度で購入可能です。
出来れば3個セットで購入しておくと良いでしょう。

個人輸入代行は通販です。
自宅に届くと困るケースもありますよね。
当サイトで紹介している個人輸入代行のお店は、郵便局留に対応しています。
誰にも知られずにこっそりアフターピルを購入可能です。

アフターピルの通販

産婦人科と個人輸入代行の比較

産婦人科 個人輸入代行
問診 不要
処方箋要否 不要
値段 約15,000円 約1,500円
代表的な薬 ノルレボ錠 アイピル
(ノルレボジェネリック)
いつ貰える? 即日 注文してから1~2週間

アフターピルが今すぐ必要な状況なら、選択肢は産婦人科しかありません。
もしくは、友達がアフターピルを常備していればもらうという手段もあります。

アフターピルが必要になった時に個人輸入代行で注文していては遅いので、性交渉する機会があるのなら、個人輸入代行で事前に購入しておくのがベストな選択です。

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX