アフターピルの通販

アフターピルに処方箋は必要ない

アフターピルを購入するには、二通りの方法があります。

  1. 病院で診察を受けて処方箋をもらい、購入する
  2. インターネット販売を利用して購入する

このうち、アフターピルをインターネットで購入する際には処方箋は必要ありません。

病院でアフターピルを処方してもらう流れ

アフターピルが欲しいと思った時、まず近くの病院に取り扱いがあるかを調べる必要があります。
産婦人科や婦人科を受診することになりますが、アフターピルはどの病院にも置いているわけではないのです。

アフターピルは、避妊が上手くいかなかったセックスから72時間以内に服用する必要があります。
服用が速いほど妊娠回避率が上がるため、予約が取れたらすぐに病院へ向かいましょう。

病院で処方される薬は、ヤッペ法あるいはノルレボ法に基づいた薬です。
それぞれの特徴は以下の通りです。

ヤッペ法 ノルレボ法
プラノバール、ドオルトンなど ノルレボ
服用 中用量ピルを2回に分けて服用 緊急避妊薬を1回服用
費用 1,000円程度 10,000~20,000円
副作用 強め 弱め
リスク 飲み忘れる可能性がある 保険が効かず、費用が高い

それぞれにリスクがありますから、どちらが処方されるか確認したうえで受診した方がよさそうですね。
最近の傾向としては、副作用が弱く被リン率も高いノルレボ法を処方されるケースが多いようです。

この他に、病院で行われる問診や検査によって、少なくとも4,000円の費用がかかります。
仕方がないこととは言え、問診であれこれ聞かれて、嫌な思いをしたという方も多いようです。

インターネットでアフターピルを購入するメリット

病院でアフターピルを処方してもらうのは、少しハードルが高そう…。
そんなあなたにはインターネットでの購入をおすすめします。

インターネットでの購入なら、費用は薬代だけで済みます。
内診や問診での負担がないのも助かる点ですね。

なかでも人気の高いアイピルは、1回につき1錠の服用で済み、価格も病院で診察を受けるより安くなっています。
ジェネリック医薬品なので、薬の効果や安全性はそのままです。

アフターピルの通販

ただ、通販という性質上、届くまでに時間がかかりすぎることがあります。
他のアフターピル同様、副作用で吐き気が出ることもあるため、あらかじめ複数個を購入して常備しておくのがいいと思います。

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX