アフターピルの通販

アフターピルは避妊を望む女性の強い味方になってくれる避妊薬ですが、頼りすぎるのは禁物!!
「避妊をせずに性交渉のたびに飲む」なんてことは絶対にやめましょう。

アフターピルは「避妊できなかったときのみ服用」してください。
なぜなら、アフターピルはホルモンが多く配合されています。
そのため、副作用がある商品もあるため、アフターピルの飲みすぎるのはNGです。

アフターピルにどんな副作用があるのか?
アフターピルを飲んで副作用が出てきたらどうすれば良いのか?

アフターピルの副作用についてのアレコレを解説していきます!

アフターピルに副作用はあるの?

アフターピルの副作用

アフターピルに副作用はあります。

しかし、アフターピルの種類によって副作用が少ないものや、強いものに分かれます!
分かりやすく、病院で処方されるアフターピルで比較してみましょう。

副作用が少ない「新アフターピル(LNG法)」

新アフターピル(LNG法)であるノルレボ錠は、副作用が少なく避妊効果も高いことからほとんどの病院で処方されています。
ノルレボ錠の服用で起きる副作用率は15%。

そのほとんどが吐き気を感じる方が多いようです。
ほかにも、人によって頭痛や下腹部痛が起きる方もいます。

副作用が強い「旧アフターピル(ヤッペ法)」

旧アフターピル(ヤッペ法)であるプラノバール錠は、副作用が強く、病院では必ず吐き気止めも処方されます。
プラノバール錠の服用で起きる副作用率は50%以上と、ノルレボ錠の3倍以上高い割合になります。

もしも吐き気止めを処方されなかった場合、医師に伝えるか市販の酔い止めの薬を使うようにするとやわらぎますよ。

副作用はいつまで続く?正しい対処法とは?

アフターピルの有効期間

アフターピルで考えられる副作用

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • むくみ
  • 腹部の痛み
  • 腹部のふくらみ
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 眠気
  • めまい
  • 不正出血 など

これらのアフターピルによる副作用は一時的なものが多く、24時間以内に収まる人がほとんどです。
しかし、数日経っても症状が改善されない場合、病院に行くことをおすすめします。
副作用が重症化してしまい、血栓症といったリスクを伴うこともありますので使用用途や扱い方には十分にご注意ください。

もしも服用から2時間以内に嘔吐してしまった場合、もう1度飲みなおす必要があります。
また、2回目のピルを吐き出してしまった場合、処方してもらった病院で医師の指示を受けてから飲むようにしてください。

アフターピル副作用まとめ

アフターピルはホルモンを加える薬ですので、何かしらカラダの変化は感じることが多いでしょう。
ひどくなってくると、吐き気や嘔吐を伴う(アフターピルの副作用)こともありますが、そのほとんどが数時間~24時間以内におさまります。

ただし不快な症状が何日も続いた場合、病院へ行くようにしてください。
アフターピルは、緊急避妊薬として高い効果を発揮してくれますが、服用しすぎてしまうのは危険です!

あくまでも「緊急を要する場合のみ」アフターピルを飲むようにしてくださいね。

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX