アフターピルの通販

アフターピル 自己負担年度末になってくるとやってくる「確定申告」!
少しでも税金を取り戻すためにも医療費控除のチェックは欠かせません。

アフターピルを婦人科で処方してもらう場合、一見医療費に該当しそうですよね。
実は、アフターピルは「医療費控除の対象外」となってしまうのです・・・。

ちゃんと処方してもらっているのになぜ医療費控除の対象外となってしまうのか詳しくご説明していきますね!

アフターピルは医療費控除にならない

アフターピルは病気ではないため、保険適用外=医療費控除対象外となるのです。

そもそも医療費控除とは「治療を目的とした医療費のみ対象」となるもの!ですから避妊を目的としたアフターピルは医療費控除対象外というワケです。

アフターピル自己負担額はどのくらい?

婦人科で処方される場合と、ネットから購入する場合で金額が異なります。

婦人科で処方される場合は、10,000円~15,000円程度になります。
なかには17,000円だったという方もいますので、多めに予想しておくと良さそうです。

一方、ネットから購入する場合は「個人輸入代行サービス」を利用します。
個人輸入代行サイトにもよりますが、一般的に病院で処方されるアフターピルのジュネリック薬を販売しています。
ネットでの購入価格は価格は1,000円~3,000円程度になります。

ただし診察がないため、初めてアフターピルを飲む方や不安な方は婦人科で処方してもらいましょう。

少しでも金額を抑えたい!どうすれば良いの?

アフターピル 医療費控除医療費控除の対象にならないアフターピルは全て自己負担になります。

婦人科で処方するとなると、確実に10,000円は超えてしまうので、少々お財布を苦しめてしまうことに・・・。
とはいえ、妊娠するわけにはいきませんよね!!

そこで、アフターピルを少しでも安く、しかも安心できる入手方法をご紹介します。

診断なしで処方してもらう

婦人科のなかには、診断なしでアフターピルを処方してくれるところがあります。
診断料がない場合、約5,000円~10,000と少し金額が抑えられます。

ただし初診の場合はNG!!

かなり稀なケースですので、そういった婦人科が近くにない場合は別の方法で入手するのが◎!

個人輸入代行サービスで購入する

アフターピルは個人輸入代行サービスを通じて、ネットから購入することもできます。
この場合、婦人科で処方されるアフターピルのジェネリック薬になり、価格は1,000円~3,000円ほど!

婦人科の処方よりも1/10になります。

個人輸入代行サービスを利用するにあたり安心できるサイトを選ぶことが肝心です!!
なかには偽物や類似品などが出回っていることもありますので十分に気を付けてくださいね。

アフターピルの通販

アフターピルの医療控除まとめ

医療控除とは治療目的で支払った金額にのみ対象となりますので、病気ではないアフターピルは対象外となります。

ですからアフターピルにかかる費用はすべて自己負担!

少しでも金額を抑えたい場合は、診察なしで処方しくてれる婦人科を探すか、個人輸入代行サービスを利用してネットで買いましょう。

ネットでは「アイピル」や「エラ」が人気です!

アイピルの購入はこちら

エラの購入はこちら

副作用も少なく、避妊効果が高いとされていますので気になる方はぜひご検討してみてくださいね^^

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX