何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

緊急を要するアフターピル。
即日手に入れたい方も多いはずです。

アフターピルは、産婦人科に行けば即日もらえます。
通販では、数日かかってしまいますので注意しましょう。

現在、アフターピルを手に入れる方法として、産婦人科と通販の2種類あります。
それぞれについてご説明します。

アフターピルの入手先は産婦人科or通販

アフターピルは産婦人科で処方してもらう

アフターピルを産婦人科で処方してもらう

アフターピルを産婦人科で処方してもらう場合、即日貰えるのがメリットの1つ!
ただし、問診や処方箋が必要になります。

費用は保険適用外となることから約10,000円~15,000円になるので少々お高め…。
なかには17,000円だったという方もいますので、先生によっても金額に差が出ることは頭に入れておくといいかもしれません。

婦人科で処方される一般的なアフターピルは、副作用が少なく効果も高いとされるLNG法(ノルレボ錠)を処方されるのが一般的です。
LNG法とは、Levonorgestrel(レボノルゲストレル)の略で、排卵開始の指示を止める作用があります。

旧アフターピルに比べて、1回の服用で済み、副作用が少なく効果も高いことから現在の婦人科ではこのノルレボ錠が処方されています。
即日貰えて、安全度を選ぶ方は産婦人科を受診すると良いでしょう。

アフターピルを通販で購入する

産婦人科に行くのは抵抗がある・・・という方は、アフターピルを通販で購入するのが良いでしょう!
通販であれば、内診や問診がないため薬の費用だけですむので、産婦人科に比べて費用が安くすみます。

ただし、アフターピルを通販で購入する場合は海外輸入のため即日貰えないところは難点と言えるでしょう・・・。

通販で売っているアフターピルは、アイピル(ノルレボ錠のジェネリック)という商品が主流です。
アイピルの価格は1,500円程度になりますので、産婦人科で処方してもらうよりも1/10で購入でき、成分もノルレボ錠と同じ成分を含有しているので安心です。
また、通販で購入する場合、届くまで時間がかかるので1度の注文でまとめて購入するほうが安心できそうですよ!

何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

アフターピルの飲み方

通販でアフターピルを購入する場合、お医者さんから飲み方指導はありません。
ご自分で正しい飲み方を理解して、ご使用くださいね。

アフターピルの飲み方は、LNG法(新アフターピル)とヤッペ法(旧アフターピル)で変わってきます。
どちらにしても産婦人科で処方してもらう場合は、担当の医師の指示に従って飲みましょう。

LNG法(新アフターピル)

ノルレボ錠のジェネリックである「アイピル」であれば1回1錠を服用してください。
重要なのは性交渉から遅くても72時間以内に飲むようにしてください。

アフターピルで「アイピル」に続く人気の高い「マドンナ」は飲み方が変わるのでご注意ください。
マドンナの場合、性交渉後に1粒飲んでからさらに12時間以内にもう1粒服用します。
マドンナを買った方は、この2錠飲むことを忘れないようにしてくださいね。

ヤッペ法(旧アフターピル)

国内ではプラバノール錠というアフターピルが処方され、医師の指示に従って服用することが何より大切です!
通常プラバノール錠は、72時間以内に2錠を飲み、その後12時間後にさらに2粒飲む必要がありますので、LNG法に比べて少々手間がかかると言えそうです。

アフターピルは事前の準備を

アフターピルは事前準備を
アフターピルは、産婦人科に行けば即日もらえます。
ですが、近くにアフターピルを処方してくれる産婦人科がなかったり、休日に診察してくれなかったりしたら困ります。
アフターピルが必要な時は、一刻を争う時でしょう。

万が一に備えて、予め通販で購入し携帯するのが一番安心です。
アフターピルを通販で購入する場合、問診や処方箋は必要ありません。
海外個人輸入と言えど、代行してくれるので、普通の通販となんら変わりません。

ただ、若干届くまでの日数が必要であるため、早めに購入するのがベストです。

アフターピルの購入はこちら

合わせて読みたいアフターピル: