何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

しばらく妊娠を考えていないのであればアフターピルを常備しておくのは常識です!

しかしアフターピルは市販で買うことができないため、婦人科に行くか、ネットで買うかの2択になります。
ネットで買うのが簡単で安くすむけれど、安全性が心配・・・なんて方も多いと思います。

そこで今回は、ネットで売っているアフターピルは

「本当に安全なのか?」
「別の薬の可能性はあるのか?」
「海外のものってどのくらい安全なの?」

について解説していきますね☆

アフターピルの安全性

アフターピルの安全使用用途さえ守ればアフターピルは安全な薬と言えます。

しかし、緊急避妊薬と言われているとおり最後の手段として使用する薬!!
低用量ピルに比べてホルモン含有量も多いため、副作用があることもあるので、セックスの度に飲んだり、月に何度も服用はしないでくださいね(-_-;)

アフターピルは、レボノルゲストレルやウリプリスタール酢酸エステルといった「女性ホルモン」が主成分となります。
主成分や含有量はアフターピルの種類によって異なりますが、ホルモンの量を変化させることで、受精卵と精子の着床を防ぎ避妊する目的は共通しています。

どんな副作用が出るの?

  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 下腹部痛
  • 倦怠感
  • むくみ

通常こういった副作用は24時間以内に収まりますが、もしも不快症状が長引いていたり、他の症状が出た際は合併症などのリスクもあるため病院に行くようにしましょう。

アフターピルを安全に買うためには?

安全性アフターピルの一番安全な購入方法は、婦人科で処方してもらうことです。

医師の診断のもと、あなたに合ったアフターピルが処方されるので安全性は確実です!
しかし、「どうしても病院には行きたくない!」「お金がない!」なんてときはネットで買うのもひとつの方法!

ネットで買う場合は、個人輸入代行サービスといって、海外で市販されている薬を輸入してくれるサイトがあります。
実はこの「サイト選び」がと~~~っても大切!!

アフターピルの輸入代行サイトには、アフターピルの類似品や非正規品を本物だと安い値段で販売しているところも・・・。
もしも、他のところに比べて値段が安すぎたり、サイトの情報が不透明なところでは買わない方が賢明です(>_<)

アフターピルの安全性まとめ

アフターピルは安心安全な薬ですが、どんな薬でも使用用途を間違えると危険が伴うもの。
アフターピルに頼る際は、服用方法をしっかり守り、適切に飲むようにしてくださいね。

また、ネットで買う場合は全て自己責任となります。
必ず選んだアフターピルの概要や注意事項まで読み、納得できてから購入するようにしましょう!

合わせて読みたいアフターピル: