何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

アフターピルは市販されてる?

アフターピルは市販されていない
アフターピルは、ホームセンターやデパートで市販されていません。
もちろん、薬局やドラッグストアでも販売されていません。

アフターピルはセックスのあと72時間以内に飲むことで効果を発揮する緊急避妊薬です。
しかし、アフターピルという薬があることは知っていても、薬局で実際に見たことはありますか?
薬局で見たことがない、薬局で探しても見つからなかったという方が多いのではないでしょうか。

アフターピルはどこに行けば購入できるのでしょうか?

答えは、医療機関またはインターネットの通販サイトです。
どちらで買うにしてもメリット・デメリットがありますから、順番に見ていきましょう。

医療機関でアフターピルを買う場合

避妊ができなかったセックスから72時間以内に、アフターピルを取り扱っている医療機関を調べて受診します。
そこで医師の診察や問診を受け、日本で扱っているノルレボ錠あるいはプラノバール錠を処方してもらいます。
アフターピルの購入は簡単になってきていますが、どの病院でも取り扱っているわけではなく、また保険がきかないためアフターピルの処方だけでも5,000円から10,000円の費用がかかってしまいます。

インターネットでアフターピルを買う場合

ネットでアフターピルを買う
医療機関へ行く時間が取りづらい人は、もしもの時に備えて、インターネットでアフターピルを買っておくこともできます。
インターネットで扱われているアフターピルを買うときには、信頼できる薬かを自分で判断する必要があります。

特に外国製のものであれば発送や到着に時間がかかり、薬の効用や副作用についても分かりにくいかもしれません。
費用は、医療機関に比べると1/10程度で購入できるためお得です。

インターネットでのアフターピルの購入は、医療機関へ出向く手間が省けて、なおかつ安いというメリットもあります。

アフターピルを常備しよう

アフターピルで安心を
人生は何が起こるか分からないものです。
特に若いうちは雰囲気に流されて避妊具をつけずにセックスしてしまったり、行為の最中に避妊具が外れてしまったりすることも、無いとは言い切れません。

アフターピルは薬局等で販売されていないため、忙しくて医療機関に行けない、休診日に必要になったなど「72時間以内」に間に合わない事態も考えられます。
そんな時のためにも、アフターピルは手元に常備しておくのが安心です。

情報をよく吟味して、万一アフターピルが必要になったらすぐに飲めるよう準備をしておきましょうね。

合わせて読みたいアフターピル: