アフターピルの通販

アフターピルでの緊急避妊で成功となる鍵が消退出血の有無。

出血があれば見事避妊成功となるわけですが、正直自分で見極めるのって難しいですよね・・・
そこで今回、消退出血の見極めるコツについてご紹介します。
また、生理予定日と重なる場合もありますので生理との違いについても詳しくご説明します。
消退出血が始まる

アフターピル服用後、何日で消退出血が始まるの?量はどのくらい?

アフターピルを服用した後、早い人では3日前後、遅くても3週間以内に消退出血が始まり2~3日で出血が終わります。

消退出血の量は「生理よりも出血量が少ない」のが特徴。

しかし出血量には個人差があるため、量で判断するのは難しいかもしれません。。。
ここは、アフターピルの服用したあとに出血が起きれば消退出血と思っておくと良いでしょう。

排卵前~排卵直後にアフターピルを飲んだ場合

2週間以内に出血があれば消退出血となります。
排卵前後で服用した場合、生理予定日にも重なることもあるため、その場合は消退出血と通常の生理と2回出血があることもあります。

排卵後数日経過してからアフターピルを飲んだ場合

生理予定日付近で出血が起こります。
アフターピルを服用した直後の出血は消退出血になります。
通常の生理よりも出血が少ないことが生理との違いになります。

消退出血と生理の違いについて

消退出血と生理の違いについて

消退出血は、子宮内膜が剥がれることで生じる出血のことを言います。
実は生理と同じ現象だったのです!

しかし、消退出血と生理は別物であり、「排卵」があるかないかがポイントとなります。
また、出血量も異なります。
アフターピルを飲んだあとの出血は排卵していない出血ということから、「消退出血」と言われています。

消退出血の仕組み

アフターピルは女性ホルモンの量を作用させる働きがあります。
アフターピルを服用すると、一度体内のホルモン濃度は上がり、その後急激に低下することで子宮内膜が剥がれ落ち、その後出血する仕組みを持っています。

本来、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは子宮内膜を増殖する働きがあります。
しかし、ピルを飲むことでホルモンを抑制(消退)させることで、厚くなった子宮内膜が支えられず、剥がれ落ちるというわけですね。

消退出血のまとめ

消退出血は子宮内膜が剥がれ落ちることで生じる出血のこと。

多くの方は、服用後3日~3週間以内で出血があらわれますが、排卵日期の服用タイミングによって出血までの期間が変わりますので、日ごろから排卵日はチェックしておくと良さそうです。

また生理との違いも量や日数で区別できると思いますが、出血に違和感を感じた場合何かしらの問題があるかもしれません。
この場合は、すぐに婦人科に受診するようにしてくださいね。

合わせて読みたいアフターピル: