アフターピルの通販

避妊に失敗してしまったとき、不安で仕方なくなりますよね。
そんなときに役立ってくれるのが緊急避妊薬(アフターピル)!

アフターピルは産婦人科に行けば「即日で貰える」ため、性交渉後72時間以内に飲むことができれば避妊することができます。
では、産婦人科でアフターピルを処方してもらうためには何をどうすれば良いのでしょうか?
具体的にご紹介していきます。

アフターピルを産婦人科で処方してもらうには?


まず、避妊に失敗したその日のうちに産婦人科に行くことが大前提!!
産婦人科によって値段や来店時の注意事項などがサイトに書いてありますので、行く前に確認しておくと良さそうです。
予約をしなくても大丈夫ですが、予約できる産婦人科であれば予約しておくとスムーズに診察してもらえますよ。

診察や説明を聞いたあと、「緊急避妊ピルの服用者向け情報提供資料」を読み、サインが終われば無事にアフターピルを手にすることができます。
必ず医師に言われた通りに、服用方法を守って飲むようにしてくださいね。

アフターピル産婦人科での費用

病院で処方されるアフターピルはノルレボ錠(LNG法)、もしくはプラノバール(ヤッペ法)になります。
最近、処方されるアフターピルはノルレボ錠が一般的であり、

予算は10,000円~15,000円程度。

一方、プラノバールは5,000円前後(吐き気止め薬込)になりますが、副作用が強いためほとんどの産婦人科でおすすめはしていないようです。
避妊は病気ではないことから、全て実費となってしまいます。
価格を重視したい方のために、ちょっとした裏技もご紹介しておきましょう。

ノルレボ錠をもっと安く手に入れる方法

産婦人科で処方される金額は全て「診断料」が含まれています。
金額が高くなってしまうのはこの診断料があるからです。

そこでアフターピルを「処方のみ」してくれるところであれば、5,000円~10,000円程度に抑えることができます。
しかし、これが出来るのはアフターピルを服用したことがある方のみになります。

また、産婦人科ではなく「個人輸入代行サービス」を利用してジェネリック製品を買う方法もあります。
個人輸入代行サービスの場合、なんと予算は1,000円前後と病院の10/1以下の価格でアフターピルを買うことができます。
しかし、偽物や類似品もあるため気を付ける必要があります。

私が使ったことのある、安心してアフターピルが購入できる通販サイトは↓こちらです。

アフターピルの購入はこちら

産婦人科でアフターピル購入のまとめ

産婦人科に行けば即日アフターピルを処方してもらえます。
アフターピルは性交渉してから、早ければ早いほど避妊率が高まりますので、時間がないときはすぐにでも産婦人科に行きましょう。

価格は全て自己負担になりますが、自分の身を守るためと考えたら安いと言えるのではないでしょうか?
自分の身を守り、安心して服用するためにも、産婦人科が確実ですよ!

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX