アフターピルの通販

アフターピルは、避妊が失敗してしまったときに助けになってくれる緊急避妊薬です。
避妊効果は98%にも及ぶと言われています。
一見、高い数字にも見えますが「100%ではない」ということを肝に銘じておきましょう!

アフターピルの種類や性交渉後の服用時間によって、避妊確率は変わってきます。
アフターピルにおける避妊効果や確率を詳しくご紹介していきます。

アフターピルを飲むなら早めがベスト!!

アフターピルの避妊率
避妊効果を高めたいなら、性交渉後アフターピルを飲むのが早ければ早いほど避妊効果率が高まります。

アフターピル服用までの時間:妊娠確率
性交渉後~12時間以内⇒0.5%
13時間~24時間以内⇒1.5%
25時間~36時間以内⇒1.8%
37時間~48時間以内⇒2.6%
49時間~60時間以内⇒3.1%
61時間~72時間以内⇒4.1%

このデータによると、性交渉後から12時間以内の0.5%の妊娠確率に対して、72時間経過してしまうと約8倍の4.1%になってしまうことになります。
どのアフターピルを服用するにしても、早ければ早いに越したことはないと言えるでしょう。

アフターピル避妊成功までどのくらいかかるの?


アフターピルの服用後、3日~3週間以内に「消退出血」があれば避妊成功となります。(あくまでも目安ですので、その後妊娠検査薬でチェックするようにしてくださいね)

消退出血は、生理に比べ量が少ないのが特徴で、服用後10日前後で出血が見られるケースがほとんどです。
早い人では3日、遅くても3週間以内に消退出血もしくは生理が来れば避妊成功となります。

また消退出血と思っても別の病気が隠れている危険もあります。
いつもと違う感じがしたらすぐに病院に行きましょう!

アフターピルの種類によって飲み方や効果が違う

アフターピルは「新アフターピル(LNG法)」と「旧アフターピル(ヤッペ法)」と2通りあります。
新アフターピルである、ノルレボ錠やアイピルなどは72時間以内に「1回の服用」で完了になります。
旧アフターピルである、プラノバール錠やトリキュラーなどは12時間以内に1回、さらに12時間後に1回と「2回に分けて服用」します。

新アフターピルとヤッペ法では避妊効果にも違いがあります。
新アフターピルの方が避妊効果は高いとされ、また副作用も少ないことからほとんどの病院では新アフターピルが処方されています。

アフターピル避妊率や効果まとめ

何かしらの原因で性交渉時に失敗してしまったとき、最後の綱になるのがアフターピルです。
避妊効果を少しでも高めたいのであれば、アフターピルを早く飲むこと。
性交渉後から早ければ早いほど確率は上がります。

アフターピルが手元にない場合、婦人科に行けば即日で処方してもらえますよ。
また、いかなるときでも対応できるように常に持っておくことをおすすめします。

その場合個人輸入代行サービスを使うのもおすすめですよ。

アフターピルの通販

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX