何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

どんなものにも100%はないように、アフターピルも100%避妊が成功するとは限りません。

ある調査によると、アフターピルを正しく服用しても避妊失敗率は2~5%と言われています。
「服用したから安心♪」ではないことを肝に銘じておきましょう。

しかし、言い換えればアフターピルを正確に服用すれば95~98%成功するので、ほとんどの方が避妊成功できる!

では、どんな症状がでたら避妊成功と言えるのでしょうか?
また、どんな行動が避妊失敗に繋がるのか、具体的に説明していきます。
避妊成功!

アフターピルが避妊成功!と見極めるポイントは「消退出血」の有無

アフターピル服用後、消退出血とよばれる「出血」があれば避妊成功です。
アフターピル服用後10日程で出血する場合が多いですが、早い人では3日前後、遅くても3週間以内に出血すれば避妊成功と言えるでしょう。

しかし、月経予定日を1週間過ぎても出血が見られない場合は妊娠検査をする必要があります。
出血があっても消退出血でない場合も考えられるため念には念を入れて妊娠検査しておくと良いかもしれません。

アフターピルで避妊失敗する原因

  • 2回目のピルの服用忘れ(ヤッペ法など)
  • 2時間以内に嘔吐して吐き出してしまった
  • 飲む時間のタイミングがずれてしまった
  • 服用前にすでに着床(妊娠)していた
  • 子宮外妊娠の可能性がある

なかでも、服用忘れと嘔吐で失敗するケースが多いようです。
ヤッペ法は特に注意が必要で、副作用による吐き気で嘔吐してしまい、効果がなくなってしまう恐れもあります。
アフターピルを飲む
また、2回のタイミングに分けて飲む必要があるため、どうしてもヤッペ法が良いというわけでなければ、1回の服用で済むLNG法のアフターピルがおすすめです。

アフターピルで避妊成功するためには?

LNG法・ヤッペ法どちらにしても、必ず72時間以内に服用することです。
さらに12時間以内に服用すれば72時間以内に比べて8倍避妊成功率が上がるとされていますので、性交渉後なるべく早く飲むにこしたことありません!

もしも72時間以内に飲み忘れてしまった・・・なんてときは、遅くても120時間(5日)以内に服用すれば60%ほどの確率で成功すると言われています。

アフターピルの避妊成功確率まとめ

アフターピルは緊急避妊法とも呼ばれ最終手段とされていますが、100%成功するとは限りません。
しかも飲み忘れや嘔吐など予想外の出来事があればそれだけ成功確率が下がってしまうのです。
少なくとも正しい服用方法をまもり、ほかの避妊方法も取り入れるようにしておくことが自分の身を守る最適な手段と言えるでしょう。

合わせて読みたいアフターピル: