何かあってからでは間に合いません!
大切なのは、すぐ飲めること
あなたの体を守るのはあなたです

↑アフターピルの購入はこちら↑

お酒が好きな方や、お酒を飲む機会が多い方にとって、アフターピルの服用でお酒が飲めなくなってしまうなら、服用をためらってしまいますよね。

アフターピルも必要、お酒も必要!

なんてときはどうすれば良いのでしょう?
今回は、アフターピルと飲酒の関係や影響についてお話します。

アフターピルの服用後お酒は飲んでOK?

お酒

アフターピルはホルモンに働きかけるものですので、飲酒で影響されることはありません。
しかしアフターピルの種類や服用時の体調によって副作用が出ることもあり、それによって嘔吐する方もいらっしゃいます。

このような副作用にくわえてお酒を入れると余計に気持ち悪くなることもありますので、アフターピル服用から3時間以内の飲酒には十分に気を付けてください。

また嘔吐した場合はもう1度の見直す必要があることもあるので、手元にあるアフターピルの注意事項に従って服用するようにしましょう!

アフターピルこんな人は要注意!!

アフターピルの注意点

飲酒によってアフターピルの効果が薄れたり、なくなることはありません。
しかし薬を飲んでいることには変わりありませんので、いつもよりもお酒の量を控えたり、ペースを落とすようにするのが◎!

またお酒だけでなく、アフターピルの服用はいくつか注意もあります。
ネットで簡単に買えるからこそ自己責任になります。

要注意事項にあてはまった方は、直接病院で診断してもらうようにしてくださいね。

  • ヘビースモーカー
  • BMI35以上
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 重い肝機能障害を持っている方
  • 乳がん、血栓性静脈炎、子宮外妊娠などの既住がある方
  • ホルモン剤でアレルギーを経験したことがある方
  • 妊娠中、授乳中の方

ひとつでも当てはまる方は医師の相談するようにしましょう。
また、アフターピルの服用が厳しい場合は超低用量ピルを毎日服用することで避妊することもできますので、自分に合った避妊方法やピルを選ぶようにしてくださいね。

アフターピルと飲酒まとめ

アフターピルを服用したあとにお酒を飲んでも通常問題はありません。
しかし副作用と飲酒の症状が重なってしまい嘔吐してしまうのは言語道断です。
なるべくアフターピルの服用後は飲酒を控えるのがベストと言えるでしょう。

合わせて読みたいアフターピル: