アフターピルの通販

妊娠を防ぐ方法としてさまざまな避妊方法がありますが、最も緊急を要する場合に効果的なのがアフターピルとされています。
なかでも現在主流となっているアフターピルが「LNG法」=ノルレボ錠。

LNG法って何なのか?

では、一体この「LNG法って何なのか?」「どんな効果があるのか?」具体的に解説していきます!

LNG法って何?

LNGとは、黄体ホルモンのレボノルゲストレルの略語のこと。
このレボノルゲストレルがWHO(世界保健機構)のエンシャルドラッグ(必須薬)として2011年に新しく認定されたものが「LNG法」と言います。

LNG法の代表的な薬があすか製薬のノルレボ錠となります。
LNG法は従来のアフターピル(ヤッペ法)に比べ、副作用が少なく、避妊効果も高いことから婦人科で処方されるほとんどがLNG法であるノルレボ錠が処方されています。

LNG法の特徴

日本初の緊急避妊薬であり、世界的にもLNG法は緊急避妊方法として位置づけされています。

有効成分は黄体ホルモンの一種、レボノルゲストレル(LNG)。

レボノルゲストレルは、主に排卵を止める作用があり、受精する機会を抑制して妊娠を防ぎます。
また、排卵後でも性行為72時間以内であれば子宮内膜の増殖がおさえられるため、受精卵を着床しにくくする作用もあります。

LNG法のピルを飲むには、婦人科もしくは海外輸入(商品名:アイピルなど)の手段があります。

LNG法のメリット・デメリットを知ろう!

メリットデメリット

LNG法のメリット

  1. 1回の服用でOK
  2.  副作用が少ない
  3.  避妊率が高い(日本での臨床試験:妊娠阻止率81%、海外での臨床試験:84%)

LNG法のアフターピルは避妊率が高いとされていますが、肝心なのは100%ではないということ。
アフターピルは最終手段として、望まない妊娠をさけるためにも普段から避妊はしておきましょう(;´・ω・)

LNG法の副作用については、人によって差が出てしまうもの。
アフターピルで考えられる副作用として、嘔吐、吐き気、下腹部痛、頭痛などがあります。
LNG法は、従来のアフターピルに比べて副作用が少ないとはいえ個人差がありますのでご注意ください。

LNG法のデメリット

費用が高くなってしまうこと。
LNG法のアフターピルは保険適用外となるため、費用がどうしても高くなってしまいます。
婦人科で処方された場合、病院や医師によって金額が異なりますが15,000円前後が相場とされています。
「もう少し値段を抑えたい」と考えている方は、婦人科で処方されるノルレボ錠のジェネリックがネットでも購入できますのでご検討してみてはいかがでしょうか。

アフターピルの購入はこちら

LNG法のまとめ

現在のアフターピルはLNG法が主流。

値段はやや高めに感じるかもしれませんが、副作用や避妊率を考えると一概に高いとも言えませんよね。
また、同等のものがネットで3,000円前後で買えますので、婦人科に行きたくないという方はネットで購入するのも一つの手でしょう。

緊急避妊薬と聞くと少々抵抗がある方もいるかもしれませんが、望まない妊娠を避けるためにもアフターピルへの知識を持っておくことが肝心!!
自分の身は自分で守るようにしてくださいね。

合わせて読みたいアフターピル:

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX